月~金 午前 9:30~13:00
午後 14:20~18:30
土曜日 午前 9:00~13:00
日・祝 休診日

【 診療時間】
月~金 午前 10:00~13:30
    午後 14:30~19:00
土曜日 午前 9:30~13:30

問診票とピアス承諾書がダウンロードできます。
前もってご記入いただいて持参されますと待ち時間を短縮できます。
PDFを開くには、Adobe Readerが必要です。>> インストール(無料)

初診問診票 初めて受診される方 再診問診票 当院で受診したことのある方 AGA外来問診票 ピアス承諾書

〒136-0071
東京都 江東区亀戸2-26-8風月堂ビル2階
TEL:03-5626-4166

JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」
北口徒歩2分

モバイルサイト

グラッシュビスタ

グラッシュビスタ

まつ毛でお悩みの方は治療できるようになりました。グラッシュビスタは初めて厚生労働省が認可した唯一の「まつ毛貧毛症治療薬」です。
まつ毛の際に塗ることで、まつ毛を「長く」「太く」「濃く」することができます。
まつ毛に対して、マスカラ・つけまつ毛・まつ毛エクステンションなどを行っている方が多いですが、アレルギーやかぶれなどのご相談をよく耳にします。
グラッシュビスタは医療用に開発された薬品ですので、効果と安全性が確認されています。

こんな方におすすめ

・まつ毛が短いと感じている
・まつ毛の量が不足していると感じている
・まつ毛を長く太くはっきりさせたい
・エクステでまつ毛が傷んでしまった、まつ毛への負担が心配

まつ毛と「睫毛貧毛症」

まつ毛の平均的な本数と長さは?

上まぶたのまつ毛は90~160本、長さ8~12㎜
下まぶたのまつ毛は75~ 80本、長さ6~ 8㎜
というデータがあります(海外データ)

まつ毛の生え変わり

人の毛は一定のパターンにしたがって成長し生え変わります。その周期を毛周期といいます。
まつ毛の毛周期は約5~12ヶ月と言われています。  

欧米人との比較

日本を含むアジア人のまつ毛は欧米人と比較して本数が少ない特徴がありますがまつ毛の長さや、毛周期に違いはないと言われています。

睫毛貧毛症

「睫毛」と書いて「しょうもう」と読みます。意味はまつ毛の事です。
睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)とは様々な原因でまつ毛が不十分であったり、不足していたりすることを特徴とする病気です。

グラッシュビスタを用いた治療について

治療のポイント

・この薬は、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬です。
・この薬は、睫毛しょうもう貧毛症の患者に処方されます。
・片目ごとに、1日1回1滴を専用のブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に夜に塗布します。

グラッシュビスタ

治療効果

日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症およびがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヶ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、および88.9%(16・8例)の割合で認められました。

【効果が認められた代表例】
治療効果

治療の流れ

初回

診察を受けて頂きグラッシュビスタの使用が適していると判断されればグラッシュビスタ(専用のブラシ140本添付)70日分をお出しします。
初回費用としては初診料7,560円+グラッシュビスタ1本19,440円 ⇒ 27,000円(税込)

2回目以降

当院を受診していただき、特に問題がなければグラッシュビスタ(専用のブラシ140本添付)70日分をお出しします。
2回目以降にかかる費用は再診料2,160円+グラッシュビスタ1本19,440円 ⇒ 21,600円(税込)

注意事項

・過去にグラッシュビスタに含まれる成分で過敏な反応を経験したことのある方はこの薬を使用することはできません。
・現在何か薬を使用している場合は医師にお伝えください。又他の医院を受診する場合はこの薬を使用中であることをお伝えください。
・次の人は慎重に使う必要がありますので医師にお伝えください。
水晶体の無い人、眼内レンズを挿入している人
眼疾患、目の手術をした人または手術後で治療中の人
・妊婦又は妊娠している可能性のある方は原則使用できません。
・当院では20歳以上の方を治療の対象としています。

気を付ける副作用

・メラニンの増加により黒目(虹彩)の色が濃くなることがあります。
投与を中止しても元にもどらないことがあります。又方目のみ使用している場合には、左右の黒目の色に差が出てくることもあります。
・メラニンの増加によりまぶたが黒ずむことがあります。また目の周りが多毛になったりすることもあります。
これらは、塗布を中止すると元にもどる可能性があります。
・まぶたがくぼむ様な症状があらわれることがあります。塗布を中止すると元にもどる可能性があります。
・まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛みなどの症状が現れることがあります。このような自覚症状が持続する場合はただちに受診してください。